オーストラリア留学・ワーキングホリデー 現地情報サイト - ryugakuGO

0120-958-332

オーストラリア各州の特徴

広大な土地、各州色々な特徴

オーストラリアは、日本の約20倍の広大な国土を持っています。その広大な国土から、地域によって異なる気候、州によって若干の人種のバックグランドの違いなど、各州色々な特徴があります。

まずはなんでも無料でメール相談 無料カウンセリング

オーストラリアの大学に留学したいと思ったらまずは、気軽にメール相談や無料カウンセリングへ行ってみよう!オーストラリア以外の留学も承っています!

様々なバックグラウンド

日本と同じ5年に一度行われるオーストラリアの国勢調査を見ると、様々なバックグランドを持った移民で形成された多民族・多文化国家であるオーストラリアの多様性が見えてきます。外国生まれの人が、20%以上を占めるニューサウスウェールズ州、ビクトリア州や西オーストアリア州など。また、州、都市、さらにエリアによって、様々なサブカルチャーを持っています。

Census NSW VIC QLD WA SA ACT TAS NT
調査対象数 6,549,178 4,932,423 3,904,533 1,959,086 1,514,36 324,033 476,481 192,898
外国生まれ 1,555,847
(24%)
1,173,204
(24%)
699,444
(18%)
531,744
(27%)
307,681
(20%)
70,359
(22%)
50,544
(11%)
26,539
(14%)
英語以外の言語を話す 1,314,556
(20%)
1,007,436
(20%)
303,096
(8%)
226,828
(12%)
184,512
(12%)
47,168
(15%)
16,682
(4%)
44,717
(23%)

Source:Australian Bureau of Statistics(Census 2006)

ニューサウスウェールズ州(NSW)

気候は温帯地域に属し、他の地域と比べて四季(日本とは逆の時期)がはっきりしているのが特徴です。ニューサウスウェールズ州には、オーストラリア総人口の約3分の1が生活し、またその3分の2以上がシドニーに集中しています。

>> 詳しくは、ニューサウスウェールズ州の特徴へ

クイーンズランド州(QLD)

オーストラリアの北東部に位置し、オーストラリアで2番目に大きな州。気候は、熱帯、亜熱帯に属し、年間を通してとても過ごしやすいです。世界自然遺産でもあるグレートバリアリーフから美しい砂浜を持つゴールドコーストまで、世界的に有数のトロピカルリゾートがあります。

>> 詳しくは、クイーンズランド州の特徴へ

ビクトリア州(VIC)

気候は温帯性気候に属し、四季がはっきりしているのが特徴です。オーストラリアで2番目に小さな州ですが、総人口の約4分の1を占め、その内の約4分の1は海外で生まれた新移民達であり、イタリア、ギリシャなどのヨーロッパ系からベトナム、中国などのアジア系まで他の州と様々な人種が多く生活しています。

>> 詳しくは、ビクトリア州の特徴へ

西オーストラリア州(WA)

気候は、温帯性気候で、オーストラリア大陸の約3分の1を占めるオーストラリア最大の州です。 西オーストラリア州の魅力はなんと言っても、他州では生息していない動植物や内陸部の大自然が作り出したすばらしい造形美に尽きます。 観光地も多く、短期滞在ではとても知り尽くせないほどの魅力を持っています。

>> 詳しくは、西オーストラリア州の特徴へ

南オーストラリア州(SA)

オーストラリア大陸の中央南部に位置し、気候は地中海性気候によく似た気候です。日本人にはあまり馴染みのない州ですが、南オーストラリア州では、年間を通して400以上ものフェスティバルが開かれ、特にフードとワイン、そしてアートフェスティバルが大々的に行われます。

>> 詳しくは、南オーストラリア州の特徴へ

首都特別地域(ACT)

オーストラリアにある6州とノーザンテリトリーを統括するのが、首都特別地域と呼ばれるここ独立行政区域です。 1901年にオーストラリア連邦が結成された際、それまで経済、産業の中心地であった2大都市シドニーとメルボルンが、 どちらもお互いが首都になることを譲らなかったため、1911年に現在の地に首都キャンベラを建設することが決まった由来を持ちます。

>> 詳しくは、首都特別地域の特徴へ

タスマニア州(TAS)

オーストラリアで最も小さい州であり、面積は、日本の北海道とほぼ同じくらいです。気候は海洋性気候で、夏場でも木陰に入ると涼しく感じる清々しい気候です。緑豊かな土地柄を生かし、自然保護、野生動物の保護などに最も力を入れている州でもあります。

>> 詳しくは、タスマニア州の特徴へ

ノーザンテリトリー(NT)

広大な土地を持つこの州は、気候もトップエンドの熱帯雨林性気候からアウトバックの砂漠性気候まで分かれています。この地域には、オーストラリアの先住民アボリジニが一番多く住んでいます。カカドゥ国立公園やウルルー(エアーズロック)などがあり、世界中からの旅人を魅了してやまないすばらしい自然の造形美がここにはあります。

>> 詳しくは、ノーザンテリトリーの特徴へ
留学セミナー毎週開催中

オーストラリア留学はこんな人にオススメ

英語が話せるようになりたい

英語が話せるようになりたい

どうすれば英語が話せるようになるのか教えて!オーストラリア留学ならあっという間です!学校選びもオーストラリアでは重要です。

英語を使った仕事に就きたい

英語を使った仕事に就きたい

どのくらいの英語力が、仕事で必要なの?英語の必要スキルや、実際にオーストラリアで就職を果たした方の体験談で見てみましょう。

国際就職を考えている

国際就職を考えている

どうやったら海外で就職できるのかな?オーストラリアへの留学は働きやすさも魅力のひとつです。

海外で生活してみたい

海外で生活してみたい

日本を飛び出して海外生活を満喫しよう!留学やワーキングホリデーで一度オーストラリア生活を経験したら住みたくなること間違いなし!

オーストラリア留学までのステップ

初めて訪問された方へ

オーストラリア現地情報 ryugakuGOは、オーストラリア留学、ワーキングホリデーをオーストラリアと日本で無料支援しています。

もっと詳しく

無料留学・ワーキングホリデー相談

『こんな事聞いてもいいかなぁ?』と考える前に、オーストラリア留学・ワーキングホリデーに関することなら、 何でもお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせはこちら

無料サポートとは

ryugakuGOの手続きは、すべて無料です。正確な学校情報、スムーズな手続き等のサービスを提供することにより、オーストラリア教育機関から当サイトへの運営費用を サポートしてもらっているからです。

無料サポートをみる

語学学校データ

語学学校データ

もっと詳しくオーストラリア留学やワーキングホリデーについて調べてみよう

たくさんの方がワーキングホリデーを実践しています。もちろんオーストラリア以外でもあらゆる国でもワーキングホリデーは可能です。条件や留学先の大学、学校費用などなど希望条件を伝えて相談しよう!

ワーキングホリデーしたいと思ったらまずは、気軽にメール相談や無料カウンセリングへ行ってみよう!

海外ワーキングホリデー