オーストラリア留学・ワーキングホリデー 現地情報サイト - ryugakuGO

0120-958-332

TESOL(英語教授法)

専門として正式な指導法を学ぶ

非英語圏からの移民も多いオーストラリアでは、小、中、高校などで英語を母国語としない学生に英語を教える必要性があります。日本でも多くの小学校が英語活動を実施し、英語を取り入れている幼稚園や児童英語教室が多くなってきています。語学学校などでは、英語教授法であるCertificate IV in TESOLなどのコースを開講しています。今後、専門として正式な指導法を学んだ人のニーズは更に高まると言われています。

まずはなんでも無料でメール相談 無料カウンセリング

オーストラリアの大学に留学したいと思ったらまずは、気軽にメール相談や無料カウンセリングへ行ってみよう!オーストラリア以外の留学も承っています!

Certificate IV in TESOLとは?

英語教授

英語教授法コースであるCertificate IV in TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)は、オーストラリアの教育資格認定コースです。このコースでは、英語以外を母国語とする人々に、英語を教える為の知識や教授法を学んでいきます。授業は、文法、発音等、様々なスキルに対しての教授法から根本的な英語とは、という事まで勉強することが出来ます。今後、英語指導を職業にしたいと考えている人やすでに英語指導をしている人にお勧めのコースです。

関連コース

Certificate IV in TESOLが、英語教授法の正式資格認定コースに対して、児童英語教授法に焦点を絞ったコースもあります。TESOL for Children, Teaching Children, English for Teaching Yonger Learners, Teaching Teenagersなどと、学校によって名称が異なります。これらの児童英語教授法コースは、正式な資格認定コースではありませんが、TESOLコースと合わせて、受講される方が非常に多いです。また、日本人のためにJ-Shine児童英語教授法コースを開講している語学学校もあります。

参加基準とコース期間

成績 特に必要なし
英語力 IELTS 5.5又は、同等の英語力(中級の上レベル以上)
コース期間 8~10週間

お勧め学校

多くの語学学校が、TESOLコースを開講していますが、特に次の学校がオススメです。

  • オーストラリアン・カレッジ・オブ・イングリッシュ
  • IH シドニー
  • IH ビバ・カレッジ
留学セミナー毎週開催中

オーストラリア留学はこんな人にオススメ

英語が話せるようになりたい

英語が話せるようになりたい

どうすれば英語が話せるようになるのか教えて!オーストラリア留学ならあっという間です!学校選びもオーストラリアでは重要です。

英語を使った仕事に就きたい

英語を使った仕事に就きたい

どのくらいの英語力が、仕事で必要なの?英語の必要スキルや、実際にオーストラリアで就職を果たした方の体験談で見てみましょう。

国際就職を考えている

国際就職を考えている

どうやったら海外で就職できるのかな?オーストラリアへの留学は働きやすさも魅力のひとつです。

海外で生活してみたい

海外で生活してみたい

日本を飛び出して海外生活を満喫しよう!留学やワーキングホリデーで一度オーストラリア生活を経験したら住みたくなること間違いなし!

オーストラリア留学までのステップ

初めて訪問された方へ

オーストラリア現地情報 ryugakuGOは、オーストラリア留学、ワーキングホリデーをオーストラリアと日本で無料支援しています。

もっと詳しく

無料留学・ワーキングホリデー相談

『こんな事聞いてもいいかなぁ?』と考える前に、オーストラリア留学・ワーキングホリデーに関することなら、 何でもお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせはこちら

無料サポートとは

ryugakuGOの手続きは、すべて無料です。正確な学校情報、スムーズな手続き等のサービスを提供することにより、オーストラリア教育機関から当サイトへの運営費用を サポートしてもらっているからです。

無料サポートをみる

語学学校データ

語学学校データ

もっと詳しくオーストラリア留学やワーキングホリデーについて調べてみよう

たくさんの方がワーキングホリデーを実践しています。もちろんオーストラリア以外でもあらゆる国でもワーキングホリデーは可能です。条件や留学先の大学、学校費用などなど希望条件を伝えて相談しよう!

ワーキングホリデーしたいと思ったらまずは、気軽にメール相談や無料カウンセリングへ行ってみよう!

海外ワーキングホリデー