オーストラリア留学・ワーキングホリデー 現地情報サイト - ryugakuGO

0120-958-332

オーストラリアでワーキングホリデーするか迷っている方へ

オーストラリアで生活している立場からのちょっとしたアドバイス

毎年10,000人以上の日本人がワーキングホリデーでオーストラリアに訪れています。しかし、ワーキングホリデーをしようかと自分の身近に相談した時、残念ながらワーキングホリデーを体験したことがない人が多いので、その良さがうまく伝わっていないように思えます。また、留学経験者に相談してもワーキングホリデーではなかったので、留学生活や住んでいた都市情報は教えてもらえても、住んでいなかった都市の魅力はさっぱりなんて事もあります。実際にオーストラリアで生活している立場から、ワーキングホリデーでうまくいくか悩んでいる方へちょっとしたアドバイスをさせて頂きます。

まずはなんでも無料でメール相談 無料カウンセリング

オーストラリアの大学に留学したいと思ったらまずは、気軽にメール相談や無料カウンセリングへ行ってみよう!オーストラリア以外の留学も承っています!

「どこ」に行くかでなく「なに」をするかが大切!

目標をもって目指す

ワーキングホリデーをしようかなと考え、身近に相談した時に「いったい帰って来たらどうするの?」など、あまりいい反応を示してくれない事がしばしあります。熱くなったワーキングホリデー熱をちょっと冷まして冷静になって考えてみると、周囲の反対は決して的外れではないし、仕事を持っている方にとっては、ワーキングホリデーのために収入やキャリアを辞めてまで 行く価値は本当にあるのかと悩むものです。

ワーキングホリデーの1年間は、何をして過ごすかはすべて自分の意思にかかっています。残念ながらオーストラリアに来たにも関わらず無意味な時間だけを日々過ごしている人、すぐに仕事に就ける等の安易な考えで充分な予算を用意せずオーストラリアに渡航したために、その予算制限からどこにも出かけられず、ただ滞在先に留まって日々を過ごしている人、更に結局1年間何もせずに過ごしてきたために、日本社会に再適応できなくなったワーキングホリデーメーカーなどがいることも事実です。

語学留学、TAFEや専門学校留学、大学・大学院留学とは違い履歴にかけるだけの修了書、卒業証明書、学歴を持って帰れないのがワーキングホリデーの現実です。

しかし、一方では、ワーキングホリデーを最大限利用し、その生活を楽しみ、日本では決して得られないような貴重な体験をしているワーキングホリデーメーカーたちも多くいます。大切なことは「どこ」に行くかではなく「なに」をするかです。「海外で仕事したい!」「違う国で生活したい!」「英語が話せるようになりたい!」「外国人の友達がほしい!」「日本を離れてゆっくりしたい!」などなど、その目的は、個々によって当然異なります。自分がやりたいことをやっている人は、オーストラリアでとても輝いています。

ワーキングホリデーとは、その事自体に意味があるのではなく、オーストラリアに滞在する方法の一つにしか過ぎません。正規留学する学生よりも就労や滞在方法などに自由がある分、当然自己責任の範疇でオーストラリア滞在を意味があるものにするのは自分次第です。オーストラリアでのワーキングホリデーを考え始めたら、まずは日本帰国までの目的やしたいことをリストかして、ワーキングホリデー計画書をしっかり作る事が大切です。

自分探しの1つの手段!

「帰国後どうするの?」の質問に対する答えは、遅かれ早かれ出さなくてはいけません。しかし、その明確な答えを持ってオーストラリアに来る人は、ほんのわずかだと思います。

オーストラリアで生活をしていると、日本では出会う機会が少ない人たちに多く会います。その人たちは、一般的な日本人とは異なった価値観を持ち、そして、その価値観に基づいた独自のスタイルを持っています。オーストラリアは個々の価値観をとても尊重していますし「朱に交われば赤くなる」と言うよりも、様々な違った色が集まって「独自の色を作り出すこと」を大切にする傾向があるように思えます。そんな国だから周りを気にせず自由に自分を表現している人が多いのかも知れません。

今まで慣れ親しんできた環境からしばし離れ、オーストラリアで新しい価値観に肌で触れ、自分自身、または外から日本での自分を見つめなおすことは、新しい自分の発見につながり、今後、自分が進むべき道を見出すことができるかもしれません。また、文化、風習、言語が違う国で生活をした経験は、きっと大きな自信につながると思います。

英語力ゼロからワーキングホリデーを始め、オーストラリア企業でインターンシップ、ビジネススポンサー、永住権まで取得して今なおオーストラリアで活躍している日本人の方も数多くいます。何が出来るかはあなたの想像力と実行力次第!一緒にあなたにあったワーキングホリデー計画書を作りましょう!

海外生活は不安がいっぱい?

ステップ

今まで一度も訪れたことがない場所、しかも、言葉も文化も違う国。ワーキングホリデーを考えている人の多くは、そんな場所で本当にやって行けるのだろうかと不安になります。住むところはちゃんと見つけられるのだろうか?言葉は通じるのだろうか?食事は口に合うのだろうか?などなど考え始めたらキリがありません。

ワーキングホリデーの1年間は、観光とは異なります。1年間、ずっとホテル暮らしをしていたワーキングホリデーの人の話は今まで聞いたことがありません。多くの人は、自分でシェアハウスやアパートなどの滞在先を見つけ、アルバイトをしたりし、日常生活を楽しんでいます。旅に出る人は、バックパッカーなどに泊まりながら広大なオーストラリア大陸を旅しています。どちらにしても、英語を使って生活をしています。

しかし、最初からそのような生活に飛び込んでいけるだけの英語力や行動力を持っている人はまれです。通常、自分に必要な情報集めと英語習得の期間として、3~4ヶ月の語学学校での生活を経て、英語環境に慣れて生活のゆとりと自信が生まれてきたら、次のステップへと踏み出して行きます。

>> 詳しくは、オーストラリア語学留学へ

ワーキングホリデー向き?それとも学生ビザ向き?

ワーキングホリデービザのメリットは、場所に関する制限がないことです。オーストラリアで仕事をしたいと考えている人は、自分の好きな場所で1雇用主のもと最長6ヶ月就労可能です。また、4ヶ月以内であれば、語学学校などでの就学も許可されています。自分のやりたい事や仕事に専念したり、じっくりと時間をかけて旅したりと観光では決してできない様々なことにチャレンジしてみたい人にお勧めです。

一方、学生ビザのメリットは、自分の気に入ったエリアでじっくり自分が勉強したいだけ学校で勉強することができます。本格的に英語を勉強したい人、専門分野を学びたい人、様々な国の留学生と一緒に過ごす学校生活を楽しみたい人、国際感覚と新しいスキルを身につけたい人にお勧めです。

また、2012年以降に学生ビザを取得した人には、2年間以上学士課程以上の分野で就学すると卒業後、卒業者ビザ(PSW:Post Study Work Visa)が発給され、オーストラリア人と同等の労働環境で生活が可能です。もちろん、年金や社会福祉制度の対象にもなる為、福祉国家オーストラリアの恩恵を受けられます。

近年では、移民の国オーストラリアで一定分野の職業従事者不足が深刻化いしてきており、その分野を勉強した人が自分で永住権申請を申請する事がケースが増えてきています。ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在しているうちにオーストラリアへの移住を真剣に考え、永住権取得をめざし本格的な留学に切り替えるオプションもあります。

異国の地で生活するためには、命の次に大切なものはやはりビザです。オーストラリア政府公認の移民弁護士を通してのビザアドバイスを受ける事も可能ですので、ぜひお問合せ下さい。

>> 詳しくは、オーストラリアビザ情報へ

ワーキングホリデーを無料でアドバイス!

個々のワーキングホリデーの目的などによっても、最初の滞在地の選択は異なってきます。皆さんの目的などを教えていただければ、ご希望にあった最初の滞在地などを無料でアドバイスできますので、お気軽にご利用下さい。

>> 詳しくは、無料留学相談へ
留学セミナー毎週開催中

オーストラリア留学はこんな人にオススメ

英語が話せるようになりたい

英語が話せるようになりたい

どうすれば英語が話せるようになるのか教えて!オーストラリア留学ならあっという間です!学校選びもオーストラリアでは重要です。

英語を使った仕事に就きたい

英語を使った仕事に就きたい

どのくらいの英語力が、仕事で必要なの?英語の必要スキルや、実際にオーストラリアで就職を果たした方の体験談で見てみましょう。

国際就職を考えている

国際就職を考えている

どうやったら海外で就職できるのかな?オーストラリアへの留学は働きやすさも魅力のひとつです。

海外で生活してみたい

海外で生活してみたい

日本を飛び出して海外生活を満喫しよう!留学やワーキングホリデーで一度オーストラリア生活を経験したら住みたくなること間違いなし!

オーストラリア留学までのステップ

初めて訪問された方へ

オーストラリア現地情報 ryugakuGOは、オーストラリア留学、ワーキングホリデーをオーストラリアと日本で無料支援しています。

もっと詳しく

無料留学・ワーキングホリデー相談

『こんな事聞いてもいいかなぁ?』と考える前に、オーストラリア留学・ワーキングホリデーに関することなら、 何でもお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせはこちら

無料サポートとは

ryugakuGOの手続きは、すべて無料です。正確な学校情報、スムーズな手続き等のサービスを提供することにより、オーストラリア教育機関から当サイトへの運営費用を サポートしてもらっているからです。

無料サポートをみる

語学学校データ

語学学校データ

もっと詳しくオーストラリア留学やワーキングホリデーについて調べてみよう

たくさんの方がワーキングホリデーを実践しています。もちろんオーストラリア以外でもあらゆる国でもワーキングホリデーは可能です。条件や留学先の大学、学校費用などなど希望条件を伝えて相談しよう!

ワーキングホリデーしたいと思ったらまずは、気軽にメール相談や無料カウンセリングへ行ってみよう!

海外ワーキングホリデー