オーストラリア留学・ワーキングホリデー 現地情報サイト - ryugakuGO

0120-958-332

オーストラリア留学 ノーザンテリトリーの特徴

自然の造形美がここに

広大な土地を持つこの州は、気候もトップエンドの熱帯雨林性気候からアウトバックの砂漠性気候まで分かれています。この地域には、オーストラリアの先住民アボリジニが一番多く住んでいます。北部にはカカドウ国立公園やキャサリン渓谷、マタランカホットスプリング、また、中央部にはウラルー(エアーズロック)やキングスキャニオンなどがあり、世界中からの旅人を魅了してやまないすばらしい自然の造形美がここにはあります。

まずはなんでも無料でメール相談 無料カウンセリング

オーストラリアの大学に留学したいと思ったらまずは、気軽にメール相談や無料カウンセリングへ行ってみよう!オーストラリア以外の留学も承っています!

ノーザンテリトリー(北部準州/NT)

NT
面積 134万6200Km2(日本の3.6倍)
人口 約21万人(2006年6月30日時点)
州都 ダーウィン
州都の人口 約12万人(2006年6月30日時点)

ダーウィン

ダーウィンは、先住民アボリジニと白人社会がうまく共存している街です。英語以外の言語を話す人の中の15%は、先住民族言語を話します。街の建物などは比較的新しく、きちんと区画整理されています。ダーウィンを拠点に世界複合遺産でもあるカカドウ国立公園を訪れたり、アウトバックの中心ウラルーや西海岸の街パースを目指すバックパッカーたちが、リフレッシュをかねて長期滞在する場所でもあります。

ダーウィンの平均気温

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
最高気温 ℃ 32 32 32 34 33 31 31 32 33 34 34 34
最低気温 ℃ 25 25 25 24 23 21 20 21 23 25 26 26

2006年度 国勢調査より

調査対象数 192,898人
外国生まれ 26,539人(州全体の14%)
英語以外の言語を話す 44,717人(州全体の23%)
外国生まれの主な国 TOP10 1 イギリス 6,173人 23%
2 ニュージーランド 3,291 12%
3 フィリピン 1,871人 5%
4 アメリカ 1,087人 4%
5 ドイツ 943人 3%
6 ドイツ 878人 3%
7 インドネシア 761人 3%
8 パプアニューギニア 633人 3%
9 インド 591人 3%
10 マレーシア 578人 2%

備考:パーセンテージは、外国生まれ全体数に対する数値

Sources

面積:在日オーストラリア大使館

統計資料:Australian Bureau of Statistics

気温:オーストラリア政府 気象庁

オーストラリア留学はこんな人にオススメ

英語が話せるようになりたい

英語が話せるようになりたい

どうすれば英語が話せるようになるのか教えて!オーストラリア留学ならあっという間です!学校選びもオーストラリアでは重要です。

英語を使った仕事に就きたい

英語を使った仕事に就きたい

どのくらいの英語力が、仕事で必要なの?英語の必要スキルや、実際にオーストラリアで就職を果たした方の体験談で見てみましょう。

国際就職を考えている

国際就職を考えている

どうやったら海外で就職できるのかな?オーストラリアへの留学は働きやすさも魅力のひとつです。

海外で生活してみたい

海外で生活してみたい

日本を飛び出して海外生活を満喫しよう!留学やワーキングホリデーで一度オーストラリア生活を経験したら住みたくなること間違いなし!

オーストラリア留学までのステップ

初めて訪問された方へ

オーストラリア現地情報 ryugakuGOは、オーストラリア留学、ワーキングホリデーをオーストラリアと日本で無料支援しています。

もっと詳しく

無料留学・ワーキングホリデー相談

『こんな事聞いてもいいかなぁ?』と考える前に、オーストラリア留学・ワーキングホリデーに関することなら、 何でもお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせはこちら

無料サポートとは

ryugakuGOの手続きは、すべて無料です。正確な学校情報、スムーズな手続き等のサービスを提供することにより、オーストラリア教育機関から当サイトへの運営費用を サポートしてもらっているからです。

無料サポートをみる

語学学校データ

語学学校データ

もっと詳しくオーストラリア留学やワーキングホリデーについて調べてみよう

たくさんの方がワーキングホリデーを実践しています。もちろんオーストラリア以外でもあらゆる国でもワーキングホリデーは可能です。条件や留学先の大学、学校費用などなど希望条件を伝えて相談しよう!

ワーキングホリデーしたいと思ったらまずは、気軽にメール相談や無料カウンセリングへ行ってみよう!

海外ワーキングホリデー