オーストラリア留学・ワーキングホリデー 現地情報サイト - ryugakuGO

0120-958-332

ニューサウスウェールズ州の特徴

四季のはっきりした温帯地域

気候は温帯地域に属し、他の地域と比べて四季(日本とは逆の時期)がはっきりしているのが特徴です。ニューサウスウェールズ州には、オーストラリア総人口の約3分の1が生活し、またその3分の2以上がシドニーに集中しています。州南東部には、オーストラリア大陸で最も標高の高いコアジスコ山(2228m)があり、冬季(6~8月)には、スキーなどのウィンタースポーツを楽しむ人々が訪れます。

まずはなんでも無料でメール相談 無料カウンセリング

オーストラリアの大学に留学したいと思ったらまずは、気軽にメール相談や無料カウンセリングへ行ってみよう!オーストラリア以外の留学も承っています!

ニューサウスウェールズ州(NSW)

NSW
面積 80万1600Km2(日本の2.1倍)
人口 約680万人(2006年6月30日時点)
州都 シドニー
州都の人口 約430万人(2006年6月30日時点)

シドニー

オーストラリア最大の都市であり、景観美溢れる港を拠点に、英国植民地時代の面影を残す建物と近代的なビル郡との調和のとれたコントラストが美しく、オペラハウス、ハーバーブリッジが世界的に有名です。オーストラリアの経済、産業の中心地でもあり、2000年にはオリンピックが開催されたことで一躍脚光を浴びた都市でもあります。また、大学、専門学校、語学学校が多く、世界中からの学生が勉強しています。

シドニーの平均気温

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
最高気温 ℃ 25 25 24 22 19 16 16 17 19 22 23 25
最低気温 ℃ 18 18 17 14 11 9 8 8 11 13 15 17

2006年度 国勢調査より

調査対象数 6,549,178人
外国生まれ 1,555,847人
(州全体の24%)
英語以外の言語を話す 1,314,556人
(州全体の20%)
外国生まれの主な国 TOP10 1 イギリス 265,851人 17%
2 中国 114,004人 7%
3 ニュージーランド 106,615人 6%
4 ベトナム 63,789人 4%
5 フィリピン 57,723人 4%
6 インド 57,154人 4%
7 レバノン 55,177人 4%
8 イタリア 55,177人 4%
9 香港 38,345人 2%
10 ギリシャ 35,051人 2%

備考:パーセンテージは、外国生まれ全体数に対する数値

Sources

面積:在日オーストラリア大使館

統計資料:Australian Bureau of Statistics

気温:ニュー・サウス・ウェールズ州政府観光局

オーストラリア留学はこんな人にオススメ

英語が話せるようになりたい

英語が話せるようになりたい

どうすれば英語が話せるようになるのか教えて!オーストラリア留学ならあっという間です!学校選びもオーストラリアでは重要です。

英語を使った仕事に就きたい

英語を使った仕事に就きたい

どのくらいの英語力が、仕事で必要なの?英語の必要スキルや、実際にオーストラリアで就職を果たした方の体験談で見てみましょう。

国際就職を考えている

国際就職を考えている

どうやったら海外で就職できるのかな?オーストラリアへの留学は働きやすさも魅力のひとつです。

海外で生活してみたい

海外で生活してみたい

日本を飛び出して海外生活を満喫しよう!留学やワーキングホリデーで一度オーストラリア生活を経験したら住みたくなること間違いなし!

オーストラリア留学までのステップ

初めて訪問された方へ

オーストラリア現地情報 ryugakuGOは、オーストラリア留学、ワーキングホリデーをオーストラリアと日本で無料支援しています。

もっと詳しく

無料留学・ワーキングホリデー相談

『こんな事聞いてもいいかなぁ?』と考える前に、オーストラリア留学・ワーキングホリデーに関することなら、 何でもお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせはこちら

無料サポートとは

ryugakuGOの手続きは、すべて無料です。正確な学校情報、スムーズな手続き等のサービスを提供することにより、オーストラリア教育機関から当サイトへの運営費用を サポートしてもらっているからです。

無料サポートをみる

語学学校データ

語学学校データ

もっと詳しくオーストラリア留学やワーキングホリデーについて調べてみよう

たくさんの方がワーキングホリデーを実践しています。もちろんオーストラリア以外でもあらゆる国でもワーキングホリデーは可能です。条件や留学先の大学、学校費用などなど希望条件を伝えて相談しよう!

ワーキングホリデーしたいと思ったらまずは、気軽にメール相談や無料カウンセリングへ行ってみよう!

海外ワーキングホリデー